出稼ぎ風俗の稼ぎは都内と地方でどれくらい違うのか?

出稼ぎ風俗の稼ぎは都内と地方でどれくらい違う
昨今の出稼ぎ風俗ブームに火が付いたのはここ5,6年で、昨年あたりから都内の女性が都内の風俗出稼ぎ募集をしているお店で短期で働く、と言う流れができつつあります。
出稼ぎ風俗なので、目当てはもちろん保証があると言う事ですね。
都内の出稼ぎ風俗で、保証をもらいながら働けるなら、わざわざ地方に行く必要がないじゃないか!と思ったあなた、
確かにその通りなのですが、そこにはいくつか注意点とデメリットがあるので、気をつけてください。

場所によっては保証で2万位違ってくる

まずはじめに、一番のネックとなってくるのが、都内の出稼ぎ風俗の場合は、地方の出稼ぎ風俗の場合と違い、保証の査定金額が低めに設定されてしまうと言う事です。
例えば地方の出稼ぎ風俗の場合、一日の平均保証金額の査定が6万円の女性がいたとします。
この女性が都内の出稼ぎ風俗で応募をした場合、6万円で希望をしたとしても、そんなに出せませんと言われてしまいます。
実際は4万円が無難なラインで、5万円出ればラッキーな感じです。
では、どうして都内の出稼ぎ風俗で働く場合、保証の金額の査定が渋いのでしょうか?

理由は都内の方が女の子があふれているから

これは男性のお客さん目線で考えてもらうとわかりやすくなります。
男性は遊べる女の子の選択肢が多いと、今すぐじゃなくて今度遊んでもいいや、と言う考えになりがちです。
反対に、遊べる女の子の選択肢が少ない場合は、今すぐ遊ばないと、次に遊べるチャンスが来ないかもしれない!
となります。
この心理を利用してお客さんに遊びに来てもらうのが地方の出稼ぎ風俗です。
地方の場合は、10日間の限定出勤です!
と言う感じで出稼ぎ風俗に働きにきた都内に住んでいる女の子を期間限定で売り出します。
そして、いつも遊びに来ている常連のお客さんも、そんなに可愛い子が今しか会えないなら遊びたい!と飛びつくのです。

では、都内の出稼ぎ風俗の場合はどうでしょう?

都内の場合は常に人で溢れています。そして、その溢れている人の半分以上は地方出身者なわけで、
いくら都内の風俗店が出稼ぎ風俗嬢を推していたとしても、お客さんにとってみると急いで飛びつく魅力がいまいちピンときません。
そんな具合なので、お店の人も保証の金額の査定をシビアにせざるを得なくなってしまいます。

都内だと出稼ぎ女子が途中で帰宅してしまうリスク

もう一つ、都内の出稼ぎ風俗の場合、保証の金額が下がってしまう理由があります。
それは、途中で帰宅してしまうリスクが高いからです。
最初は出稼ぎ風俗嬢も、10日間みっちり働いて稼いで帰る気満々だったのですが、そこは人間なのでいろいろな理由をつけて仕事から逃げ出したくなります。
地方への出稼ぎ風俗の場合は、帰ろうと思っても物理的に自宅まで帰りにくいのでなんとか踏みとどまる事もできますが、都内の場合は帰ろうと思えば1時間以内に自宅まで帰れてしまいます。
そこで女の子は、生理がきてしまった・病気にかかってしまった等の口実を理由に、途中帰宅してしまう場合もあります。
その割に都内の出稼ぎ風俗の場合は、働ける枠が少ないので、早々と埋まってしまうと言う難しい一面もあります。

このようなさまざまな理由で、都内の出稼ぎ風俗の場合は地方の出稼ぎ風俗の場合よりも保証の金額が出にくいと言う事を頭の片隅に置いておくようにしてください。